SponsoredLink

エコバックもブランド品!?

エコバック…買物にいくとき、レジ袋をもらわなくていいように、携帯するマイバックのことですよね。環境問題が色々と叫ばれている昨今、エコバックも常識とまではいかないけれど、地味に広がってきつつあるように感じます。


大手コンビニのローソンがオリジナルエコバックを無料配布していたり、紀伊国屋なんかに行くと、手作りエコバックの作り方の本が並んでいたり…と、漠然とだけれど、エコバックって、タダでもらうか手作りするもの…つまり、お金をかけないで手に入れるものだという思いがありました。


しかし!エコバックにもブランドの波が…。ベネトンのエコバックや、アニヤ・ハインドマーチのエコバック、エミーズのエコバックなどなど。様々なブランドがこぞってエコバックを販売しています。これには、ビックリでした。


エコバックをブランドものでなんて、最初は何とも贅沢な話だと思いました。でも、エコとついているから安価なものである、というのも変な発想です。エコに対して自分の持っている先入観を、ブランドエコバックを通して気づかされたのでした。


実際にエコバックをブランドで買うのは、お財布的にキビシイですけど(笑)、ブランドがエコバックを出すことによって、エコバック自体の位置づけがグーンと上がるような気がします。エコバックの意識付けという点では、ブランドがエコバックを販売してくれるのは、大きな意味があることなのかもしれません。


さて、そうでなくともブランドとは縁のない私。手作りエコバックの本でも手に入れて、せっせとマイエコバック作りにとりかかりますか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5556865
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック