SponsoredLink

エコバックに絶対ついていて欲しい機能

レジ袋の代わりにエコバックを使う。地球にも優しいし、見た目だっておしゃれ。おまけにエコバックはレジ袋とは違って、いろんな機能を備えたものもたくさんあるんです。買物にはエコバックを使った方が、何かと便利です。


例えば、保冷や保温のできるタイプのエコバック。冷凍食品を買った時や、夏場に肉や魚を買ったときって、急いで帰らないと!って焦ってしまいます。でも、保冷できるエコバックなら、少しはゆとりが持てますよね。


エコバックは大きさも様々。ちょっとした買物にちょうどいい手提げサイズのエコバック、重たいものを入れても持ち運びしやすいショルダータイプのエコバック。スーパーのかごにピッタリの大きなマチのついたビックサイズのエコバック…。何を買い物しに行くかで、エコバックをチョイスできますね。ちなみに私はスーパーのかごにピッタリサイズのエコバックを使っています。レジを打ってもらうときに、バックをセットしたかごに詰めてもらうんです。レジ係さんが、きれいに詰めてくれるので、お金を払った後はそのまま袋を持って帰るだけ。ラクチンです。


ローソンでエコバックの無料配布がされましたが、ローソンのエコバックには外側にペットボトルを入れるポケットがついているんです。コンビニならではのエコバックの機能だなーって、ちょっぴり感心しちゃいました。


エコバックの機能って、たくさんあるけれど、やっぱり一番大事なエコバックの機能って、折りたたみできて携帯しやすいこと。買物っていつも計画的にするとは限らないものですよね。急な買物のとき、エコバックが携帯できてなかったら、もうエコバックの意味がなくなってしまいます。エコバックは常に携帯できる状態であってこそ、エコバックとして役に立つのです。


エコバックを選ぶ基準は、サイズや素材、機能やデザインといろいろあります。でも、何よりまずは、携帯しやすいエコバックであること。これが一番大事な機能です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5556858
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック